ニュースと出版物
華誠が「新『広告法』の下で、企業はどのように地雷原を避けるのか」をテーマに中国法サロンを開催
2016-06-24 発表者:喜发小編

新『広告法』は201591日から正式に施行された。新『広告法』を徹底的に実施することは、現行の広告法制度を完全化し、法による国家統治を全面的に推進するための内在的要求であり、公平な市場秩序を維持し、社会誠信体系の構築を促進する上での重要ポイントであり、消費者の合法的権益を保護し、安全で信頼できる消費環境を作り出すための切なる需要でもある。

2016624日、クライアント様がよりよく新『広告法』の実施を貫徹し、徹底し、法的リスクを避けることができるよう、華誠律師事務所は「新『広告法』の下で、企業はどのように地雷原を避けるのか」をテーマとして中国法サロンを開催した。今回の講座は、華誠のパートナー弁護士である呉月琴、弁護士金易文が各企業から参加された26名の代表者に向けて、実務における典型的な意義のある処罰の事例をめぐり、「新『広告法』の下での『絶対的表現』、『広告のイメージキャラクター』、『虚偽宣伝』等の具体的な問題への分析及び対応」、「企業が『虚偽広告』の疑いや『最高級を表す用語』の使用等の情状で工商局の処罰に直面した際の対応措置」、「新『広告法』の下で企業がマスメディア広告(テレビ広告、インターネット広告を含む)を発表する際に負う義務」、「企業宣伝用の文書で注意を要する競争ルール(例えば、比較広告の正確な適用など)」、「工商調査に対する企業の立証責任の分析、行政処罰を受けた後に企業が利用できる救済措置」、「企業が職業的摘発者の摘発を受けた際の対応策」等の面について説明を行い、現在の広告法の処罰に関する事例の法的本質を分析し、法的リスクを避けるための専門的な意見を提供した。

新『中華人民共和国広告法』の発布は、各企業が重点的に注目し、学習することを必要とするのみならず、大衆の生活にとってもまた大事であり、今回華誠が新『広告法』をテーマに『中国法サロン』を開いたことによって、社会の各業界が共に「新法」の多くの優れた点に注目し、法を理解して守り、更に消費者が安心できる安全で健康な市場の消費環境が全力で作り出されるよう導いたのである。


当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック
Lin