ニュースと出版物
華誠が「企業社員の規律違反や職務怠慢行為に対する処理及び紛争解決」をテーマにした中国法サロンを開催
2016-05-30 発表者:喜发小編

企業の社員雇用を更に規範化し、健全な発展を推進し、企業管理者の労働政策解読及び社員関係調整の能力やレベルを高めることを目指し、2016527日、華誠は文新報業ビル17階にて「企業社員の規律違反や職務怠慢行為に対する処理及び紛争解決」をテーマにした中国法サロンを開催した。各企業の代表者計40名が今回のサロンに奮って申し込んだ。

 

今回の中国法サロンでは華誠のパートナー弁護士である李が講義を行った。講義は社員の規律違反でよく見られるタイプ、社員の職務怠慢行為でよく見られるタイプ、規律違反及び職務怠慢行為の処理、並びにそれらの紛争解決という4つのポイントをめぐり展開された。講座では、李華平弁護士は事件処理の実務経験から、信義誠実違反、無断欠勤、仕事上の失念、不当操作、職務履行怠慢など社員の規律違反や職務怠慢行為の表れ方をまとめながら、労働法法規及び関連の法律条項を合わせて聴講者らに、証拠収集、解雇手続など社員の規律違反や職務怠慢行為への正しい対応方法を解説した。講座の最後には、李華平弁護士は新生面を開いて規律違反や職務怠慢行為の紛争解決のテクニックを早口言葉にまとめ、聴講者らと分かち合った。

 

今回の中国法サロンは焦点がはっきりしていて実用的であり、関連職位担当者の労働政策に関する法律や法規に対する正しい理解を確実に深め、企業が法規を遵守し、調和と秩序のある雇用環境を営造することに、良い参考を提供した。


当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック
Lin